印象を変える

肌を美しくするためには

近年、良く目にするようになってきた「美容皮膚科」は、「皮膚科」とは別の診療科として認識されています。「皮膚科」とは、皮膚の病気やトラブルを治療する診療科です。ニキビ治療からアトピー性皮膚炎など、幅広い皮膚治療を行なっています。 一方、「美容皮膚科」とは、肌を美しくするために治療を行なう診療科です。そして、アンチエイジング治療も同時に行ないます。肌のトラブルを改善し、美肌へと導くためには、美容皮膚科での治療が効果的なのです。 美容皮膚科での治療は、老化によって皮膚に溜まった不要物を取り除き、刺激を与えます。そして、皮膚細胞に栄養を与え、新陳代謝を高めていきます。このような治療を行なうことで肌の状態が良くなり、アンチエイジングへとつながっていくのです。若々しさをいつまでも維持したいのであれば、「美容皮膚科」で治療を受けることが必要なのです。

「美容皮膚科」での取り組みとは

「美容皮膚科」で行なわれているアンチエイジング治療には、様々な方法あります。まず、「光りを当てたり薬剤を塗布し、古い細胞を取り除く」方法です。これには、レーザー治療やピーリング治療があります。次に、「注射を行ない、皮膚全体を盛り上がらせ、シワ等を目立たなくする」治療があります。ヒアルロン酸注入やボトックス注射等があります。また、「薬剤や光りで刺激を与え、細胞を活性化させる」治療方法もあります。プラセンタ治療や超音波等が、これに当てはまります。 今日では、このような多様な取り組みが行なわれ、様々なニーズにあった治療が行なわれています。これらの治療は最新医療技術であり、効果が高いものばかりです。今日でも進歩が続き、新たな治療方法が研究されています。